• HC015AM20
  • HC015AM20
  • HC015AM20

製本用ホットメルト(チップ)350g

¥1,300(税込)
¥1,300(税込)
在庫有り

書店で販売されている本の約半数の製本で使用されている国内ホットメルト製造メーカーのホットメルトチップです。
シリコンシート(クッキングシート)で挟んでアイロンを当てて延ばし、シート状にして使用します。

ホットメルトチップをホットメルトシート化する方法はこちらをご覧ください。

製本専用のホットメルトですので、一般の工作用ホットメルト(ホットボンド)に比べて、薄い塗布量でも接着強度が高く、開きやすい本が作成できます。
また、溶け始める温度(軟化点)が77℃と低く、接着可能時間(オープンタイム)は2秒と短くなっているため、スピーディーな製本作業が行えます。
製本書籍をリサイクルする場合には、一般的には再生工程でホットメルト接着剤が砕けると再生紙として適しませんが(細裂化)、本ホットメルトは、日本接着剤工業会の難細裂化ホットメルト接着剤に認定されていますのでリサイクルが可能です。

1つのチップサイズは約15mmx20mmで350gのパックです。
この量でリヒトラボのホットメルトシートA4サイズ10枚分が作成できます。

重要

  • 本ホットメルトは、低い温度で溶け、非常に伸びの良い製品です。77℃で溶け始め、170℃~180℃で最適な粘度となります。200℃を超えますと熱による性能劣化(熱劣化)がおき始めますので、シート作成の際には、アイロン(または同等の加熱器具)の設定は、180℃より低めに設定してお使いください。
  • 家庭用アイロンの場合は、まずは「低」の設定でお試しいただき、溶け方を確認してから、温度を調整してお使いください。
パッケージ
200mm
140mm
重さ 350g
長さ(1チップ) 約20mm
幅(1チップ) 約15mm
重さ(1チップ) 約0.7g