◆初級編◆グルーガンを使った本の作り方[30枚(60ページ)程度の小冊子の製本方法](テキストと写真編)

グルーガンを使った製本方法

30枚(60ページ)程度の小冊をグルーガン(ホットメルトガン)を使って製本する作り方です。グルーガンを使って製本するメリットは、薄い冊子の背に確実にホットメルトをのせることができることです。

ホットメルトシートで製本する場合だと、シートをひも状に切って背にのせて、背からずれないようにアイロンをあてる必要がありますが、グルーガンなら、熱で溶けた状態でホットメルトをのせることができますので、背からはみ出すことがありません。
また、ホットメルトシートを切ったり貼ったりする手間がかかりませんので、手返しよく短時間に見栄えのよい本をたくさん作ることができます。

用意するもの

必ず必要なもの

あると便利なもの

木べらの形

木べらの形

グルーガン製本に必要なもの

グルーガン製本に必要なもの

表紙を作る

「原稿の倍のサイズ+背の厚さ+余白」サイズの用紙を表紙として用意します。原稿よりも少し厚い紙のほうが見栄えがします。
余白は最後に切り落とすので原稿より大きければ、余白の長短は問いません。

表紙と原稿のサイズ

表紙と原稿のサイズ

表紙を半分に折って、折りべらのおしり(スプーン状になっている部分)でしごいて折り目をつけます。きっちり折り目をつけると、本になった時に背の角がピシっとします。

原稿を半分に折ります

原稿を半分に折ります

木べらのおしりで折り目をつけます

折りべらのおしりで折り目をつけます

次に、背の幅を決めるために、定規やノギスで原稿の厚みを測ります。

原稿の厚みを測ります

原稿の厚みを測ります

厚みがわかったら、先ほど折り目をつけた線から厚み分離れた位置に定規を当てます。
折りべらの平らな面を定規にあて、とがった方の先で定規に沿って、こすって線をつけます。

先ほど折り目をつけた線にいま測った背幅分あけて定規を当てます。

先ほど折り目をつけた線にいま測った背幅分あけて定規を当てて線を引きます。

そのまま、定規を当てたままでヘラの膨らんだほうを表にして、紙の下からヘラを入れます。
そして定規にそって手前に引きます。すると、ヘラの膨らみで紙が立ち上がります。

少しずつヘラの角度を立てて手前に引くのを繰り返して、表紙が直角に立つまで繰り返します。

定規を動かさずにヘラで表紙を立ち上げます

定規を動かさずにヘラで表紙を立ち上げます

表紙が立ったら、定規を外して、今作った折り目を手で折ります。ヘラでこすって印がつけてあるので簡単に折れるはずです。
折ったら、ヘラのおしりでしごいて折り目を強くします。

定規を外してヘラのおしりで折り目をつけます。

定規を外してヘラのおしりで折り目をつけます。

折り目は下図のように2本になっています。

折り目はこのようになります

折り目はこのようになります

 背をのりづけする

表紙と原稿を下の図のように重ねます。

表紙と原稿の重ね方

表紙と原稿の重ね方

表紙に原稿を重ねたところ

表紙と原稿の重ね方

次に製本機に重ねた原稿と表紙を差し込んで固定します。
このとき原稿の天地をなるべく揃えるようにします。天と地は最終的には切り落としますので、さほど神経質になる必要はありません。

表紙と原稿を重ねて製本機に挟んで固定します

表紙と原稿を重ねて製本機に挟んで固定します

はさんだ状態

はさんだ状態

グルーガンにホットメルトスティックをセットして、こて先が温まって、こて内部でホットメルトが溶けるまで5分ほど待ちます

グルーガンにホットメルトスティックをセットします

グルーガンにホットメルトスティックをセットします

やけど防止のために手袋をして、グルーガンの引き金を引くとホットメルトの溶けたものが、こて先から出るのを確認します。(シリコンシートに出してみるといいです)
確認できたら、グルーガンで背にホットメルトをのせていきます。あとで、アイロンを当てて平らにしますので、山になるようにのせて構いません。(写真を参考にしてください。)

グルーガンで背にホットメルトをのせていきます。

グルーガンで背にホットメルトをのせていきます。

このくらいたっぷりと載せます

このくらいたっぷりと載せます

アイロンをあてる

いったん製本機から原稿を外して、下の図のように原稿をくるむように表紙を折り返します。

原稿をくるむように折り返します

原稿をくるむように折り返します

そして、折り返した表紙を外にだすようにして原稿を製本機で固定します。

起こした表紙を外に出して製本機で固定します

折り返した表紙を外に出して製本機で固定します

固定したところです

固定したところです

固定できたら、シリコンシートをのせます。
そして、背にアイロンを当ててホットメルトを溶かして平らにします(アイロンの温度は180度程度 中から高くらいです)。
このとき片手でアイロンを操作して、もう片方の手は外に出した表紙を下に引くようにしてぴんと張ります。こうすると角がピシっとして糊がつきます。

シリコンシートをあててアイロンを当てます

シリコンシートをあててアイロンを当てます

糊が固まった頃を見計らって、製本機から原稿を外して下に置きます。
膨らんでいる方の側面にシリコンシートをのせてアイロンをあてます。
平らになったら、裏返して同様にアイロンを当てます。
どちらの面も平らになったか確認しながら繰り返します。

膨らんでいる方の面にアイロンを当てます

膨らんでいる方の面にアイロンを当てます

アイロンがけが終わって、糊が冷えて固まったら、出来具合を確認します。

  • 天、地から覗いてみて、背にきちんと糊がのっているか
  • 表紙の見返し側と原稿がちゃんとくっついているか
  • 開いてみて割れてしまわないか

を確認します。うまく行っていないようなら再度アイロンをあてます。

裁断する(化粧断ち)

下図のように余白となっている赤線の3辺を切り落とします。裁断機(写真ではディスクカッターを使っています)で切り落とすと断面が綺麗になりますが、なければカッターで数回に分けて切り落とします。

3辺を切り落とします

3辺を切り落とします

裁断機で一気に切り落とします

裁断機で一気に切り落とします

完成

これで本の形になりました!

本の完成です

本の完成です

最後にきちんと接着されているか再確認します。

背にホットメルトが回っています

背にホットメルトが回っているか?

見返しと原稿もきちんと着いています

表紙と原稿がきちんとついているか?

大きく開いても割れません

大きく開いても割れないか?

背のエッジも出ています

背のエッジは出ているか?

うまくできていなかった時は、補修できるようなら再度アイロンをあてて補修します。

補修しきれないようなら、一旦アイロンをあてて表紙を取り外してから、再度グルーガンでホットメルトをのせて再チャレンジしてみてください。

グルーガンを使った製本方法[30枚(60ページ)程度の小冊子編](ムービー)もあわせてご覧ください。

この他の製本方法についてはこちらをご覧ください。


このページで使われた道具や消耗品はこちらから購入できます → 商品-すべての商品

3.5日に一台売れている手製本機の定番商品。
とじ助の購入はこちら↓をご覧ください。10月限定2000円オフセール中!

関連商品