• SW014EC01
  • SW014EC01
  • SW014EC01

ハンディ鋸

¥420(税込)
¥420(税込)
売切れ
売切れ お問い合せ

製本する際に、背糊の接着面積を増やすために、背に溝を入れるための工具です。

ダンボールカッター数種、棒ヤスリ、目立てヤスリ、金ノコ(32山、24山、18山、10山)など、いろいろ試しましたが、18山の金ノコが最も使い勝手がよいと判断しました。

特徴

  • 金鋸に握りをつけたものです。
  • 原稿の厚さに合わせて、ノコ刃の長さが調節できます。
  • 日本製の刃を使用しています。
  • 18山/インチで厚い原稿でも素早く切ることができます。
  • 約1ミリの理想的な幅の溝を切ることができます。

個数

長さ 190mm
50mm(最大部分)
ノコ刃長 85mm(最長)
歯数 18山/インチ
材質 SK-3(炭素工具鋼)

刃の長さの調整方法

1.ネジをゆるめて葉の長さを調整します。
ネジをゆるめて刃の長さを調整します。

2.固定ネジが刃を挟んでいることを確認してネジを締めます。
固定ネジが刃を挟んでいることを確認してネジを締めます。

※送料については「送料・配送について」をご覧ください。

※溝の切り方については、こちらの「ハードカバーの本(写真集)の作り方」の「溝切り」をご参考にご使用ください。