「溝切り名人」発売のお知らせ

いつも 製本工房 とじ助 をご愛顧いただきありがとうございます。

このたび新商品「溝切り名人」の販売を開始いたしました。

溝切り名人

溝切り名人

溝切り名人

使用シーン

ページ数の多い原稿を製本するときには、製本後にページ抜けが発生しないように、製本前に背に溝を切ります。溝を入れることによって接着面積が広くなり、糊が溝に浸透するため耐久性が増し、背割れやバラ本になりにくくなります。
しかし、溝切りをされたことのある方なら思い当たるかと思うのですが、実際の溝切りの作業は、本の強度に影響する重要な作業である反面、かなりの力が必要で、背の長さが長くなるほど切る溝の本数も増し、単調で根気のいる作業です。

そこで、だれでも手軽に簡単に、しかもすばやく溝切りができるようにしたいという思いから、研究を始め、やっと納得の行く工具が完成いたしました。

次のような特徴があります。

  • 4枚の鋸刃で一気に4本の溝を切ることができますので、作業の効率が上がります
  • 鋸歯の山の数は背を切るのに適した18山です(10山、18山、24山、32山のすべてを試した結果18山が最適と判断しました)
  • 歯と歯と間隔は約5mmとなっており、正確に均等な溝を切ることができます
  • 背への接地面が大きいため1本刃に比べて、軽い力で切ることができます
  • 替刃(1本)と鋸刃の間隔を変更するためのスペーサーとネジが付属されており、分解、組み立てが容易なため、5mm間隔で5本刃や1cm間隔で3本刃など、利用シーンに合わせた構成で利用できます
  • 把手は耐久性のあるシリコーンゴムを使用
  • 分解、組み立て用の搭載工具(プラスドライバー)付属

MM015ST25--12 MM015ST25--14

ご興味を持っていただけましたら、ぜひこちらからご覧ください。

今後とも 製本工房 とじ助 をご愛顧いただけますようよろしくお願いいたします。