chocoさまのエンディングノート(2015.12.23)

chocoさまのエンディングノートです。

折り丁の綴じ穴をのこぎりで切るための固定具兼作業台としてお使いになるために購入されました。
もっと沢山挟めるように開口部のボルトを長いものに交換するつもりとのことです。

手芸の本では目打ちで穴を開ける作り方が紹介される場合が多いのですが、折り丁にのこぎりで切りこみを入れるということは本綴じでしょうか。
ボルトの交換をなされるとのことですが、ボルトは標準でM8(直径8ミリ)で110ミリのがついています。これで4センチの厚みまでは対応できます。ボルトの交換自体はスパナがあれば簡単にできます。

さて、作品ですが、どれもアンティーク調な素材を使っていてエレガントな印象です。手作りでしか成し得ない、凝った装丁と徹底的なこだわりは、表紙貼り、溝や角の処理など下地となる高い製本技術に裏打ちされたものだと思います。

下は、サテン生地製のエンディングノートです。中世の貴婦人のドレスのような品のある華やかさです。

サテン生地製のエンディングノート

サテン生地製のエンディングノート

革装のエンディングノートです。錠が付いていて、一見すると小さな宝箱のように見えます。角のアンティーク調の金具が重厚さを増していますね。

鍵付きの革装のエンディングノート

鍵付きの革装のエンディングノート

大正頃の羽織の裏生地(絹)でつくられたものです。レースの花の飾りは華やかですが、絹の柔らかい感じと抑えた色合いが落ち着きを醸し出しています。飾りの中のブルーのパールがよいアクセントになっています。

羽織の裏生地の手作り本

大正頃の羽織の裏生地(絹)を使用

chocoさま、ご投稿ありがとうございました。