CATEGORY 店長からのお知らせ

ふたたび日めくりを作りました

いつもご愛顧いただき有り難うございます。

1月下旬に作った日めくりを実家の両親にあげてしまった(メイワクだったカモしれないデスが。。。)ため、再び日めくりを作りました。
今回は、糊は使わず針金でやってみました。

まずは、印刷したものをとじ助で固定します。

とりあえずとじ助で固定します。

とりあえずとじ助で固定します。

次に、電動ドリルで2箇所穴を開けます。針金が2mmのものなので、5mmのドリルで穴を開けました。

ドリルで2箇所穴あけをします

ドリルで2箇所穴あけをします

こんな感じで穴が開きました

こんな感じで穴が開きました

左右の穴に針金を通して、中心の針金にからげます。

リング状にして通します

リング状にして通します

これで完成です。ドリルさえあれば簡単です。

完成したものを、元あった位置に吊り下げました。

完成したのでぶら下げました

完成したのでぶら下げました

明日から、また日課が復活です。

★ヤフーショッピング店をオープンしました★

いつも 製本工房 とじ助 をご愛顧いただきましてありがとうございます。
このたび、ヤフーショッピングに分店を出すこととなりました。
店名は「製本工房 とじ助 ヤフーショッピング店」です。(そのままですね)
6000円以上お買い上げで送料無料。
クレカ決済、銀行振込だけでなくコンビニ決済、ソフトバンクお支払い、au決済、Docomo支払い、モバイルSuica、Pay-easy(ペイジー)がご利用いただけます。
オープン記念としてリヒトのホットメルトシートB5がメーカー希望小売価格3700円のところ2800円、A4サイズが4100円のところ3100円の超特価です。
送料は、全国一律82円~最大650円です。とじ助本体や製本キットの場合、北海道、関西以西の方はヤフー店でお買い上げいただいたほうが送料がお得です。
関東、東北、中部、北陸の方はこちらでお買い上げいただいたほうが送料がお得です。

本店ともどもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

とじ助A4サイズ僅少です

いつもご愛顧ありがとうございます。
おかげさまで新製品として発売した「とじ助 A4サイズ用」の売れ行きが好調で、在庫が残り少なくなりました。
来週(明日ですが)から製造を始めますので、お待たせすることはないと思いますが、お急ぎの方はお早めにご注文ください。

2月のご挨拶

RIMG5062いつも 製本工房 とじ助 をご愛顧いただきましてありがとうございます。

2015年もスタートして早くも1ヶ月がたちました。

昨年末から今年にかけてサイトリニューアルオープンのために毎日ドタバタでしたが、ようやく落ち着いてきました。
おかげさまで売上も好調で、多くの方にとじ助をお使いいただいています。

先日、我が家では豆まきをしました。
と言っても、子供も大きくなり、豆まき自体をたいして喜ばなくなったので、鬼は不在、豆の代わりに柿ピーの小袋を「福は~内」の掛け声(小声)とともに足元にまく、というなんとも小じんまりしたものでした。
こんな風でも福は来てくれるかな。

日めくりカレンダー(万年)を作ってみました

我が家では毎年馴染みの酒屋さんから日めくりカレンダーをもらうのですが、今年は作らなかったとのことでもらえませんでした。何だか毎日の習慣の一つがなくなってしまうのは妙に寂しいものです。

日めくりを買ってきてもいいのだけど、それでは味気ないので、家族で作ることにしました。といっても365日分を書くのは骨なので、月を表す紙12ヶ月分(12枚)と1日~31日までの31枚で合計43枚を書いて、毎月使いまわすことにしました。(なので、曜日はなしになります)

以下作り方です。

必要なもの

  • A6サイズの原稿用の紙(A4を4つ切りにします)-43枚
  • ハサミまたはカッター、理想的なのはディスクカッター
  • 筆記用具(いろペンや色鉛筆などおこのみで)
  • スキャナー
  • 製本機
  • ホットメルトシート
  • 金鋸
  • シリコンシート
  • Adobe Reader XI

作り方

1.まず原稿を作成するためA4を4分の一にカットします。

ディスクカッターで原稿用の紙をカット

ディスクカッターで原稿用の紙をカット

2.あとで何を書いたかわかるように裏に何月(何日)用か書きます。

裏に何月(何日)用か書きます

裏に何月(何日)用か書きます

3.(うちの場合は家族4人なので)みんなにくじの要領で引いてもらいます。そして、ペンとか色鉛筆とかを渡して裏に書いてある月(または日)の数字と絵を書いてもらいます。
※写真はイメージです。こんな子うちにはいません。

原稿に月(日)の数字と絵を書きます※写真はイメージです)

原稿に月(日)の数字と絵を書きます※写真はイメージです)

4.出来上がった原稿を集めて月と日にわけて並べ替えます。原稿の出来は。。。。ま、人それぞれですな。

出来がった原稿

出来がった原稿

月と日にわけて並べ替えます

月と日にわけて並べ替えます

5.スキャナーで読み取ります。今回はスキャンスナップ(ScanSnap)で取り込みました。

スキャナーで取り込みます

スキャナーで取り込みます

6.これですべての原稿がファイル化されたので、あとは、月のファイルを各1枚、日のファイルをA6の用紙に各12枚印刷すれば日めくりの紙の完成です。

が、ここで一工夫!
うちにはA4の紙しか無いので四等分してA6の紙を377枚(12ヶ月+365日)作る必要があります。その後、377枚印刷することになるので、結構手間がかかります。
そこで、A4に4ページ分を先に印刷して、その後、四等分したほうが手間がかからなそうです。
そうすると、今度は、月と日付の順に並べるのが面倒なので、1ページに4枚印刷して、それを4分割して重ねると順番が正しくなるような順でpdfファイルを構成するようにしました。

出来上がったpdfファイルがこれです。ダウンロード

7.印刷の仕方はpdfファイルの1ページ目に書いてありますので、それを参考にしてください。こんな感じです。

印刷方法の説明

印刷方法の説明

出来上がったカレンダーが厚くならないようにするため、薄めの紙を使いました。「まじ軽っ」っていう大王製紙のA4コピー用紙です。この紙に、Adobe readerXIで「1ページに4枚」かつ「逆順印刷」を設定してじゃんじゃん印刷します。

日めくりが厚くならないようにするため、少し薄めの紙を使います

日めくりが厚くならないようにするため、少し薄めの紙を使います

じゃんじゃん印刷します。96枚出ます。

じゃんじゃん印刷します。96枚出ます。

8.印刷された紙を、ディスクカッターで4分割します。このとき、重なりを変えないように気をつけます。切った紙は説明通りに重ねます。厚さは33mmになりました。

印刷済みのものをディスクカッターで4分割します

印刷済みのものをディスクカッターで4分割します

1ページ目の説明通りに重ねます

1ページ目の説明通りに重ねます

厚さは33mmになりました

厚さは33mmになりました

9.この原稿の天をホットメルトシートで接着します。今回は、「とじ助 コミック・文庫サイズ用」と「製本用ホットメルトシート」を使いました。(とじ助を使った製本の方法はこちらを参考にしてください。)

天を揃えます

天を揃えます

ひっくり返します

ひっくり返します

天に溝を入れます

天に溝を入れます

製本用ホットメルトシートを乗せます

製本用ホットメルトシートを乗せます

シリコンシートをかぶせてアイロンを掛けます

シリコンシートをかぶせてアイロンを掛けます

10.出来上がった日めくりがこちらです。製本用ホットメルトなので柔軟性があります。

出来上がった日めくり

出来上がった日めくり

柔軟性があります

柔軟性があります

11.これで完成なのですが、これだと吊るす事ができないので、荷物に紐をかけた時につける取っ手の「手提げホルダー」を裏側に付けます。(手提げホルダーって名前初めて知りました)
とりあえず手近に余ったホットメルトシートがあったのでそれを使って接着しました。

手提げホルダー

手提げホルダー

余ったホットメルトシートで接着

余ったホットメルトシートで接着

くっつきました

くっつきました

12.ひもでぶら下げて完成です!!これで毎日の日課が復活しました。(^^)

ぶら下げて完成です

ぶら下げて完成です

ちょっとマシな日の絵

ちょっとマシな日の絵

通販サイトをリニューアルしました

いままでは、電子書籍をつくるトップへの一ページとして存在していた通販コーナーですが、このたび、製本機、製本キットの通販サイト「製本工房 とじ助」として独立しました。

今後は、とじ助だけでなく、ホットメルトシートや製本テープなども扱っていく予定です。

今後とも、製本工房 とじ助をご愛顧のほどよろしくお願いいたします。m(__)m